Cyrus-imapdのsieveスクリプトサイズの上限拡張

背景

環境はVine Linux 3.2とCyrus imapd(imapサーバ)とSquirrelmail(webメール)。 avelsieveというSquirrelmailのプラグインでメールの振り分けの設定を行いっているが、 Squirrelmail-1.5.1とavelsieve-1.9.6の組み合わせにしたところ、sieveスクリプトが大きすぎる ため更新できないエラーが出るようになった。

imapサーバの設定を修正してスクリプトの許容サイズと拡張する。

エラーメッセージ

ERROR: 
Unable to load script to server.

Server responded with:
NO "Did not specify legal script data length" 
Please contact your administrator. 

設定変更

/etc/imapd.confに以下の定義を追加。値はKB。

sieve_maxscriptsize: 1024

結果

問題なくsieveの設定が更新できるようになった。スクリプトサイズを1MBに設定したが、 いくらなんでもそんなに大きい必要はないと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://blog.fairy-land.jp/MT/mt-tb.cgi/91

コメントする

このブログ記事について

このページは、鋼のインフラ担当が2006年3月28日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シリアルコンソールを使用する」です。

次のブログ記事は「最近買った本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense