Vine Linuxのcyrus-saslからpostgreSQLが利用できるようにする

概要

Vine LinuxではCD1枚に収めるというポリシーがあるため、PostgreSQLはVinePlusという「VineLinux対応アプリケーション集」に追い出されている。cyrus-saslは基本パッケージに含まれるものであるため、外部パッケージであるPostgreSQLが使えるようにビルドされていない。

postfixとcyrus-imapdからPostgreSQLを利用するために、PostgreSQL対応のsyrus-saslを作成する。

やること

  1. cyrus-saslのソースを取得する
  2. specファイルを編集する
  3. ビルドしてインストールする

cyrus-saslのソースを取得する

  1. $ apt-get source cyrus-sasl

specファイルを編集する

まずソースをインストールする。

  1. $ rpm -i cyrus-sasl-2.1.18-0vl5.src.rpm

~/rpm/SPECS/cyrus-sasl-vl.specを編集する。

--- cyrus-sasl-vl.spec  2006-04-28 16:35:58.000000000 +0900
+++ cyrus-sasl-vl.spec.new      2007-03-03 09:51:45.000000000 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 %define version 2.1.18
-%define release 0vl5
+%define release 0vl5fl3
 %define cs1_version 1.5.28
 %define _plugindir %{_libdir}/sasl
 %define _plugindir2 %{_libdir}/sasl2
@@ -35,7 +35,7 @@
 Buildroot: %{_tmppath}/%{name}-root
 BuildPrereq: autoconf, automake, libtool
 # Note: berkeley db for sasl2, gdbm for sasl1.
-BuildPrereq: db4-devel, gdbm-devel, openssl-devel, pam-devel
+BuildPrereq: db4-devel, gdbm-devel, openssl-devel, pam-devel, postgresql-devel
 BuildPrereq: pkgconfig
 Prereq: /sbin/ldconfig, chkconfig

@@ -81,6 +81,15 @@
 The %{name}-md5 package contains the Cyrus SASL plugins which support
 CRAM-MD5 and DIGEST-MD5 authentication schemes.

+%package pgsql
+Requires: %{name} = %{version}-%{release}
+Group: System Environment/Libraries
+Summary: pgsql support for Cyrus SASL.
+
+%description pgsql
+The %{name}-pgsql package contains the Cyrus SASL plugins which support
+pgsql authentication schemes.
+
 %prep
 %setup -q -c -a 2
 pushd cyrus-sasl-%{cs1_version}
@@ -147,6 +156,8 @@
        --enable-cram \
        --enable-digest \
        --enable-plain \
+       --enable-sql \
+       --with-pgsql \
        --enable-login
 make sasldir=%{_plugindir}
 popd
@@ -165,6 +176,8 @@
        --enable-cram \
        --enable-digest \
        --enable-plain \
+       --enable-sql \
+       --with-pgsql \
        --enable-login
        # --enable-auth-sasldb -- EXPERIMENTAL
 make sasldir=%{_plugindir2}
@@ -275,6 +288,11 @@
 %{_plugindir2}/*digestmd5*.so*
 %{_plugindir2}/*digestmd5*.la

+%files pgsql
+%defattr(-,root,root)
+%{_plugindir2}/*sql*.so*
+%{_plugindir2}/*sql*.la
+
 %files devel
 %defattr(-,root,root)
 %doc %{name}-%{version}/%{cs1_version}-devel
@@ -294,6 +312,7 @@
 %{_plugindir2}/*anonymous*.a
 %{_plugindir2}/*crammd5*.a
 %{_plugindir2}/*digestmd5*.a
+%{_plugindir2}/*sql*.a
 %{_plugindir2}/*login*.a
 %{_plugindir2}/*plain*.a
 %{_plugindir2}/*sasldb*.a

ビルドしてインストールする

ビルドする

  1. $ cd ~/rpm/SPECS/
  2. $ rpm -ba cyrus-sasl-vl.spec

インストールする

  1. $ su -
  2. # cd ~XXXXX/rpm/RPMS/i386/
  3. # rpm -Uvh cyrus-sasl-2.1.18-0vl5fl3.i386.rpm cyrus-sasl-md5-2.1.18-0vl5fl3.i386.rpm cyrus-sasl-plain-2.1.18-0vl5fl3.i386.rpm cyrus-sasl-pgsql-2.1.18-0vl5fl3.i386.rpm

問題点

なぜかMySQLも有効にするとうまく動作しなかった。とりあえずPostgreSQLしか使わない予定なので放置してみる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://blog.fairy-land.jp/MT/mt-tb.cgi/85

コメントする

このブログ記事について

このページは、鋼のインフラ担当が2007年3月 3日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ruby on Rails 1.2でActiveHeartのtrans_sid.rbが効かない?」です。

次のブログ記事は「VMware Server2.0.0で使うためにVMware ESXiのインストールCDイメージからVMware Infrastructure Clientを手に入れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense