2009年3月アーカイブ

概要

VMware Server 2.0.0でVMware Infrastructure Client(以下VIクライアント)の使用が可能である。しかし、VMware Server 2.0.0には付属しない。同じく無料で手に入るVMware ESXiにはVIクライアントがついてくるので、これを入手する方法を考える。

VMware ESXiをインストールし、https://<ESXiサーバのIPアドレス>:8333/client/VMware-client.exeにアクセスして入手するのが本来の方法であるが、実際に導入するとハードウェアを選んだり、仮想マシンに導入するとやたら時間がかかったりと、面倒くさいのでLinux上でCDイメージを操作して直接入手する。

この方法は、Xen等の仮想環境のゲストイメージを覗きたい場合にも応用できる。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense