VMware Server2.0.0で使うためにVMware ESXiのインストールCDイメージからVMware Infrastructure Clientを手に入れる

概要

VMware Server 2.0.0でVMware Infrastructure Client(以下VIクライアント)の使用が可能である。しかし、VMware Server 2.0.0には付属しない。同じく無料で手に入るVMware ESXiにはVIクライアントがついてくるので、これを入手する方法を考える。

VMware ESXiをインストールし、https://<ESXiサーバのIPアドレス>:8333/client/VMware-client.exeにアクセスして入手するのが本来の方法であるが、実際に導入するとハードウェアを選んだり、仮想マシンに導入するとやたら時間がかかったりと、面倒くさいのでLinux上でCDイメージを操作して直接入手する。

この方法は、Xen等の仮想環境のゲストイメージを覗きたい場合にも応用できる。

準備した環境

  1. OS:VMware Server 2.0.0のゲストとして動くCentOS5.2

やること

  1. VMware ESXiのインストールCDイメージを入手する
  2. インストールCDイメージをマウントする
  3. VMware ESXiのディスクイメージを解凍する
  4. VMware ESXiのディスクイメージをマウントする

VMware ESXiのインストールCDイメージを入手する

普通にVMwareのページから入手する。入手にはメールアドレスの登録とアンケートへの回答が必要。

今回入手したCDイメージのファイル名はVMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.isoだった。

インストールCDイメージをマウントする


[root@vinegar tmp]# pwd
/var/tmp
[root@vinegar tmp]# ls -l
合計 246488
-rwxr-Sr-t 1 root root 252149760  3月  1 02:27 VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso
[root@vinegar tmp]# mkdir /mnt/cdrom
[root@vinegar tmp]# mount -o loop ./VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso /mnt/cdrom
[root@vinegar tmp]# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/VG00-LVROOT
                       1015704    303324    659952  32% /
/dev/mapper/VG00-LVTMP
                       1015704     34116    929160   4% /tmp
/dev/mapper/VG00-LVOPT
                      10157368    154240   9478840   2% /opt
/dev/mapper/VG00-LVHOME
                       2031440     80192   1846392   5% /home
/dev/mapper/VG00-LVVAR
                      15109112   4620524   9708712  33% /var
/dev/mapper/VG00-LVUSR
                      10157368   1690420   7942660  18% /usr
/dev/sda1               101086     24247     71620  26% /boot
tmpfs                   257740         0    257740   0% /dev/shm
/var/tmp/VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso
                        246240    246240         0 100% /mnt/cdrom
[root@vinegar tmp]#

VMware ESXiのディスクイメージを解凍する

まずはinstall.tgzを解凍する。

[root@vinegar tmp]# ls /mnt/cdrom/
binmod.tgz    boot.catalog  cim.tgz       ienviron.tgz  install.tgz   isolinux.bin  isolinux.cfg  license.tgz   mboot.c32     menu.c32      oem.tgz       vmkernel.gz
[root@vinegar tmp]# tar xvzf /mnt/cdrom/install.tgz
sbin/
sbin/install
usr/
usr/lib/
usr/lib/vmware/
usr/lib/vmware/installer/
usr/lib/vmware/installer/ThinESX.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESXInstall.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/__init__.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/EULA
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/ThinESXInstallSteps.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/PartitionInformation.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/__init__.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/Consts.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/CompleteDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/ConfirmDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/ConfirmRepairDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/DeviceSelectionDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/EULADialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/FlashDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/FlashRepairDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/PartitionTableCorruptDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/RepairCompleteDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/RepairIncompleteDialog.py
usr/lib/vmware/installer/ThinESX/Dialogs/WelcomeDialog.py
usr/lib/vmware/installer/Core/
usr/lib/vmware/installer/Core/__init__.py
usr/lib/vmware/installer/Core/Consts.py
usr/lib/vmware/installer/Core/DD.py
usr/lib/vmware/installer/Core/Dispatcher.py
usr/lib/vmware/installer/Core/Log.py
usr/lib/vmware/installer/Core/Util.py
usr/lib/vmware/installer/Core/VMVisorInstallerExceptions.py
usr/lib/vmware/installer/Core/Install.py
usr/lib/vmware/installer/Core/SystemInfo.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TargetEnumeration.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TargetFilter.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/__init__.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/ConfirmRebootDialog.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/Consts.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/AnsiWidgets.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/ErrorDialogs.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/Dialogs.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/Display.py
usr/lib/vmware/installer/Core/TUI/RebootDialog.py
usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd.bz2
[root@vinegar tmp]#

VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd.bz2を解凍する。

[root@vinegar tmp]# bzip2 -d usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd.bz2
[root@vinegar tmp]# ls -l usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd
-rwxr-xr-x 1 201 201 786432000 10月 16 13:26 usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd
[root@vinegar tmp]#

このファイルが実際にディスク上に展開されるESXiのイメージなので、この中からVIクライアントを取り出す。

VMware ESXiのディスクイメージをマウントする

まずはループバックデバイスを利用してVMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.ddをブロックデバイスとして認識させる。

[root@vinegar tmp]# losetup -a
/dev/loop0: [fd04]:3244034 (./VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso)
[root@vinegar tmp]#

CDイメージをマウントしているのでloop0は使用されている。なので、loop1として登録する。

[root@vinegar tmp]# losetup /dev/loop1 ./usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd
[root@vinegar tmp]# losetup -a
/dev/loop0: [fd04]:3244034 (./VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso)
/dev/loop1: [fd04]:3244088 (./usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-1*)
[root@vinegar tmp]#

このままでは、このデバイスの中のパーティションまで認識されていないので、kpartxで認識させる。

[root@vinegar tmp]# ls -l /dev/mapper/
合計 0
brw-rw---- 1 root disk 253,  3  2月 28 13:58 VG00-LVHOME
brw-rw---- 1 root disk 253,  2  2月 28 13:58 VG00-LVOPT
brw-rw---- 1 root disk 253,  0  2月 28 13:58 VG00-LVROOT
brw-rw---- 1 root disk 253,  6  2月 28 13:57 VG00-LVSWAP
brw-rw---- 1 root disk 253,  1  2月 28 13:58 VG00-LVTMP
brw-rw---- 1 root disk 253,  5  2月 28 13:58 VG00-LVUSR
brw-rw---- 1 root disk 253,  4  2月 28 13:58 VG00-LVVAR
crw------- 1 root root  10, 63  2月 28 13:57 control
[root@vinegar tmp]#

OSの入っているパーティションだけが認識された状態なので、

[root@vinegar tmp]# kpartx -a /dev/loop1
[root@vinegar tmp]# ls -l /dev/mapper/
合計 0
brw-rw---- 1 root disk 253,  3  2月 28 13:58 VG00-LVHOME
brw-rw---- 1 root disk 253,  2  2月 28 13:58 VG00-LVOPT
brw-rw---- 1 root disk 253,  0  2月 28 13:58 VG00-LVROOT
brw-rw---- 1 root disk 253,  6  2月 28 13:57 VG00-LVSWAP
brw-rw---- 1 root disk 253,  1  2月 28 13:58 VG00-LVTMP
brw-rw---- 1 root disk 253,  5  2月 28 13:58 VG00-LVUSR
brw-rw---- 1 root disk 253,  4  2月 28 13:58 VG00-LVVAR
crw------- 1 root root  10, 63  2月 28 13:57 control
brw-rw---- 1 root disk 253,  7  3月  1 02:49 loop1p4
brw-rw---- 1 root disk 253,  8  3月  1 02:49 loop1p5
brw-rw---- 1 root disk 253,  9  3月  1 02:49 loop1p6
brw-rw---- 1 root disk 253, 10  3月  1 02:49 loop1p7
brw-rw---- 1 root disk 253, 11  3月  1 02:49 loop1p8
[root@vinegar tmp]#

これでloop1に登録したディスクイメージの中のパーティションが見えるようになったので、こいつらをマウントして目的のファイルを探す。

[root@vinegar tmp]# mkdir /mnt/tmp
[root@vinegar tmp]# mount /dev/mapper/loop1p8 /mnt/tmp/
[root@vinegar tmp]# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/VG00-LVROOT
                       1015704    303324    659952  32% /
/dev/mapper/VG00-LVTMP
                       1015704     34116    929160   4% /tmp
/dev/mapper/VG00-LVOPT
                      10157368    154240   9478840   2% /opt
/dev/mapper/VG00-LVHOME
                       2031440     80192   1846392   5% /home
/dev/mapper/VG00-LVVAR
                      15109112   4620788   9708448  33% /var
/dev/mapper/VG00-LVUSR
                      10157368   1690420   7942660  18% /usr
/dev/sda1               101086     24247     71620  26% /boot
tmpfs                   257740         0    257740   0% /dev/shm
/var/tmp/VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_3-123629.i386.iso
                        246240    246240         0 100% /mnt/cdrom
/dev/mapper/loop1p8     552784    178976    373808  33% /mnt/tmp
[root@vinegar tmp]# ls /mnt/tmp/
conf  db  packages
[root@vinegar tmp]# ls /mnt/tmp/packages/
3.5.0
[root@vinegar tmp]# ls /mnt/tmp/packages/3.5.0/
client  tools-upgraders  vmtools
[root@vinegar tmp]# ls /mnt/tmp/packages/3.5.0/client/
VMware-viclient.exe
[root@vinegar tmp]#

今回入手したイメージではここにあった。あとはこれをWindowsマシンに転送してインストールする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://blog.fairy-land.jp/MT/mt-tb.cgi/84

コメントする

このブログ記事について

このページは、鋼のインフラ担当が2009年3月 1日 02:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Vine Linuxのcyrus-saslからpostgreSQLが利用できるようにする」です。

次のブログ記事は「Windows7で2TBオーバーのディスクを使用する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense