Hyper-V 2.0上のCentOSにLinux統合コンポーネント2.0を導入するとフリーズする問題【解決】

経緯

VMWareServerで動いていたCentOSをバックアップし、Hyper-V 2.0上でリストアして動作させていた環境で、Linux統合コンポーネントを導入すると、「./setup.pl drivers」でコンパイルされたモジュールが読み込まれる段階でフリーズしてしまった。

導入の参考にしたサイトはこちら:デジモノブログ?:Hyper-V2.0にCentOS5.3を入れて統合コンポーネントを入れる

原因

Hyper-V上で作成したゲストOSに普通にインストールしたCentOSでは、問題なくLinux統合コンポーネントが導入できた。

インストールされているrpmの差分を見たり、カーネルを合わせてみたりいろいろしたが解決しなかった。ふと気がついてgrub.confのカーネルの起動パラメータを確認してみると、うまくいかない環境では、「clock=pit nosmp noapic nolapic」がついていた。たしか時計が狂いにくくなるとかでつけたんだったような・・・。うまくいった環境では「rhgb quiet hda=noprobe hdb=noprobe」がついていたので、うまくいかなかった環境もこれに合わせてみたところ、問題なく導入することができた。

解決

カーネルの起動パラメータを直したところ、ばっちりうごくようになった。特にimapで数GBのメールが溜まっている上体なので、ディスクが早くなったのがうれしい。


# hdparm -Tt /dev/hda

/dev/hda:
 Timing cached reads:   3752 MB in  1.99 seconds = 1884.57 MB/sec
 Timing buffered disk reads:  438 MB in  3.01 seconds = 145.64 MB/sec
# 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://blog.fairy-land.jp/MT/mt-tb.cgi/39

コメントする

このブログ記事について

このページは、鋼のインフラ担当が2010年4月20日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Sonar producer 8.5.2アップデータ」です。

次のブログ記事は「日本語版MSDNのCreateWindow関数のlParamの解説が意味不明な件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense