「(1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)」を買ってみた

概要

なんかMAX10の評価ボードがついた本が安めで出ていたので、「(1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)」を買ってみた。

でも本にFPGAボードとJTAGボードがついているが、両方とも部品を追加しないと役に立たないので注意。 このあたりを見繕って必要なものを買わなければいけないのでまとめてみた。

商品説明

  • (1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)


    解説本、FPGA基板、JTAG基板のセット。 解説本はそれなりにわかりやすいと感じた。内容の性質上、ある程度電子工作を知っていないと厳しいとは思う。FPGAとかCPLDとかがどんなものかぼんやりとでもイメージしかなくても、本を読んで書いてあることをやってみれば使えるようになる可能性は高い。 FPGA基板はヘッダピン、ピンソケット、水晶、SDRAMが載っていない。部品セットはあるが、SDRAMは表面実装のTSOP-54パッケージなので、はんだ付けに自信のない人は「MAX10-FB(FPGA)基板 全実装版」を別途買うことも検討するべき。 JTAG基板は謎。こちらも部品を別途買わなければならない上に、部品を買って自力ではんだ付けしても、儀式のような手順を踏んでPICにプログラムを書き込まないと動かないとか誰得仕様。別売の部品が1500円くらいするので、そんなもの買うくらいなら同じ値段で買える中華のALTERA USB Blaster互換品を買ったほうが良い。 DVDは開発環境が丸っと入っている。入っているのはQuartus prime Lite Editionの15.1.1。本家から16.1がダウンロードできるが、本はDVDのバージョンが前提で書いてあるので、初めての人はまずDVDから15.1.1を入れて本の通りやってみるのが良いだろう。

  • MAX10実験キットで学ぶFPGA&コンピュータ (トライアルシリーズ)

    スーパーキットから基板を無くして大幅に加筆したもの。DVDはついてるが基板はついていない。しかし3章構成だったスーパーキットに、論理設計、ラズベリーパイとの接続、intel4004CPUの実装、別基板との接続など、盛りだくさんなので基板無しで6000円する。 スーパーキットを買って、さらに本書を買うのも微妙なので、がっつり読みたい人は本書と全実装版の基板を買うのも良いかもしれない。

  • マルツエレック FB基板仕上げ部品セット 【MTG-MAX10-FC-S】

    スーパーキットのFPGA基板はピン、ソケットと水晶、SDRAMが載っていないので、別途部品を購入する必要がある。それがこれ。 含まれるSDRAMは256Mbit(32MB)で、基板には512Mbit(64MB)のSDRAMも搭載できるので要検討。 さらに、別売りの「MAX10-FB(FPGA)基板 全実装版」に搭載されているのは512Mbitなので迷うところ。商売がうまい。 そもそも表面実装部品なので、はんだ付けできない人は全実装版を買ったほうが良いかもしれない。 SDRAMを実装しないでも、ピンヘッダ、ピンソケット、水晶をつければFPGA基板としては動くので、それで遊ぶのもアリ。 SDRAM無しでも十分遊べます。

  • マルツエレック MAX10-FB(FPGA)基板 全実装版 【MTG-MAX10-FB-F】

    ピンも水晶もSDRAMも実装済み完動品。買ってきてJTAGケーブルを接続すればすぐ遊べます・・・と思いきや、裏面の下記写真の赤丸のところ12か所のジャンパを、ハンダを盛ってショートさせないといけない。

    DSC_0151.JPG

    とは言っても、ちょっとハンダを盛ればいいだけなので、SDRAMのハンダ付けに比べれば楽勝だと思われる。

  • 悟空 ALTERA USB Blaster互換JTagケーブル [並行輸入品]

    AlteraのUSB Blasterの互換品。別部品を買ってまで謎JTAG基板を使うくらいなら、こういうのを買いましょう。

  • マルツエレック MAX10-EB 拡張ボード 【MTG-MAX10-EB】

    Raspberry PiとFPGA基板を接続するための基板。「MAX10実験キットで学ぶFPGA&コンピュータ」にはこれの使い方も載っているらしい。写真の基板にはピンとかついてないですが、同梱されていて自分でハンダ付けするようです。

以後はおすすめプラン

標準プラン

  1. MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)
  2. マルツエレック FB基板仕上げ部品セット 【MTG-MAX10-FC-S】
  3. 悟空 ALTERA USB Blaster互換JTagケーブル [並行輸入品]

はんだ付けくらいはいけるよっ!っていう人向け。SDRAMは256Mbitだが、今現在512Mbit無いといけないような用途を思いついていないならば、必要になってから考えれば良い。JTAG基板は放置して、JTAGケーブルを別途購入。だって安いんだもん。

不器用プラン

  1. (1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)
  2. マルツエレック FB基板仕上げ部品セット 【MTG-MAX10-FC-S】
  3. 悟空 ALTERA USB Blaster互換JTagケーブル [並行輸入品]

不器用だからSDRAMのはんだ付けはちょっと・・・という人、そんな人も標準プランと同じ構成で、まずは始めてみよう。 SDRAMは触らずに、まずはピンヘッダ、ピンソケット、水晶発振子のみ取り付けて遊んでみましょう。SDRAMが無くても実用的にやれることはいくらでもあります。物足りなくなってSDRAMが欲しくなったら、ハンダ付けにチャレンジするか全実装版を買うか考える感じで。

秋葉原とか近くてピンヘッダとか水晶とか買えるならセットが買うより安いですが、SDRAMも一緒に買っておいて、気が向いたらチャレンジしてみるのもいいんじゃないかと。・・・失敗のしかたによっては全実装版購入コースですが・・・。

贅沢プラン

  1. MAX10実験キットで学ぶFPGA&コンピュータ (トライアルシリーズ)
  2. マルツエレック MAX10-FB(FPGA)基板 全実装版 【MTG-MAX10-FB-F】
  3. 悟空 ALTERA USB Blaster互換JTagケーブル [並行輸入品]
  4. マルツエレック MAX10-EB 拡張ボード 【MTG-MAX10-EB】
  5. Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 3ple Decker対応 (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

がっつりパターンです。全7部構成でラズパイとの接続等も載っている本。本に基板は付属しないので、迷わず512MbitSDRAMを実装済みの全実装版を。本の内容に合わせてMAX10-EB拡張ボードと、その先につけるラズパイまで買ってしまいましょう。これだけあれば、がっつり勉強になって、しばらく遊べます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://blog.fairy-land.jp/MT/mt-tb.cgi/72

コメント(1)

鋼のインフラ担当さん、こんにちは FPGAに興味があり、上記の標準プランで始めようかと思います。 一点気になるのがAmazonのレビューに書いてあった、 「USBブラスターが無い人が使うという前提で書かれているが、持っている人には無駄なページが多い。その上、例題のLEDチカチカのクロックがブラスターもどきから供給されるということで、ブラスターでやろうという人はそこで止まってしまう。」 という記述なのですが、USBブラスターで進められない内容はどれほどでしょうか? neko3

コメントする

このブログ記事について

このページは、鋼のインフラ担当が2017年2月 8日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MovableTypeでGoogleのInvisible reCAPTCHAを使う:「私はロボットではありません」」です。

次のブログ記事は「「Symbol 'TIMER_2_BASE' could not be resolved」とか言われて困った話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powerd By

Powered by Movable Type 6.3.2

Google Adsense